サーバーアップデート方法

TeamSpeak3 サーバのアップデート方法


サーバはこまめにアップデートをしましょう。


β版のソフトウェアですので深刻なバグが潜んでいる可能性が高いです。

特に公式ホームページに赤字でアップデートを促す告知が出た場合は必ずアップデートしましょう。
危険性の高い深刻なセキュリティ上の脆弱性が発見されたときに告知が出されます。過去に1回ありました。

バックアップをとるべきファイル・フォルダ
ts3server.sqlitedb というファイルに全ての設定が保存されています。
アップデート時にデータベースの更新を行うので場合によっては中身が破壊さる可能性があるのでバックアップを取っておきましょう。

他にも心配であれば files フォルダ, logs フォルダ query_ip_blacklist.txt, query_ip_whitelist.txt をバックアップしておくと良いかと思います。

復元方法は簡単でも元々あった場所に戻すだけです。

アップデート方法

まず、サーバを設置しているディレクトリにあるsqlフォルダを消します。

次に、ダウンロードしてきた新しい圧縮ファイルの中身を全て既存の物に上書きするだけです

終わりです。後は起動して動作確認しましょう。

※注意事項


このとき圧縮ファイルの中身は展開直後の物を上書きしましょう。
間違ってもサーバを起動したりしないように。

  • 最終更新:2010-09-11 21:30:58